2014年7月29日火曜日

カルドセプトプレイ日記:メダル集め・同盟戦編

No.7「双頭の攻撃手」(2対1の同盟戦で護符を使わずに勝利)
No.8「孤独な剣士」(3対1の同盟戦で勝利)
 をひとりで対戦モードで取得しました。せっかくなので攻略方法をメモしておきます。

カルドセプト

方針


 向こうは三倍のクリーチャーを置け、三倍のスペルを使う機会があり、三倍の周回ボーナスをもらえるので、マトモにやっていたらハンデ10よりもひどいありさまで勝負になりません。
 レベルアップステージ後半のように1対1ならば、バックワード・HW0などの妨害系を積めば周回させない事ができますが、3対1ではそれも不可能。
 焼きブックを使ってもいいですが、カタストロフィやテンペストを揃えた頃には手遅れになっていることもしばしば。
 となれば、最初からキャラと相性の悪いマップを用意して、そもそもクリーチャーを置かせない・連鎖を作らせないのが最善でしょう。
 そこで今回は、全地属性のマップでガミジン・ミュリン・ワールウィンに組んでもらい、自分だけ地援護ブックで固めることにしました。


 対戦条件は天空の祭壇・全地属性・目標魔力15000。
 全地属性はマップ「3つの鍵」で勝利すると開放されます。
 COMに使用させたブックはそれぞれ
 ガミジン→烈火掌
 (クアンゼで使われる炎爆斬の方にはイビルブラストが入っています)
 ミュリン→水流波
 (クアンゼで使われる凍結爆の方にはピースとイグザイルが入っています)
 ワールウィン→ファードの力
 

 ブック


 DLブックの「全国大会優勝」を叩き台にチューンナップしました。

クレイアイドル2
コロッサス4
ブラスアイドル2
グリマルキン4
ジャッカロープ4
ストーンウォール3
ドリアード4

カウンターシールド4

アースシェイカー2
ソルティス1
ドレインマジック4
フェアリーライト3
フライ4
ホープ2
ホーリワード8 4
マジックブースト2
リベレーション1

 全地なのでインフルもサクヤも要りません。
 ミュリンの地変スペル妨害が鬱陶しい時はジェイドアイドルを混ぜるのもよいでしょう。
 最大ダイス目が10なのでヘイストよりも期待値の高いフライを採用しています。

運用


 ガミジンのマジックボルトやワールウィンのサンダーストームはクレイアイドルで防ぎましょう。サンダーストームは1枚しか入っていないので、三回撃たれる前に十分に周回回復が可能でしょう。アーチャーも完封できます。

 3人のブックには領地コスト・配置制限持ちが多いので、クリーチャーを置けずにウロウロしている間にフェアリーライトで魔力を補給しつつ、ジャッカロープ・ドリアードを撒いてしまいましょう。
 ワールウィンがグリフォン(地に配置制限)を手元に残してくれればしめたものです。
 3人は魔力を余らせていると領地コマンドで地変してくるので、城を通過したタイミングでドレインマジックで吸っておきます。だいたい300G程度の儲けが出ます。
 セプター向けにはガミジンがブラックスミスを・ミュリンがライフフォースを妨害に使ってきますが、手札に余裕があればさほど気にする必要はありません。むしろワールウィンがミュリンにバインドを使ってくれるので色々な意味でお得です。
 ワールウィンがコラプションを持っているので、護符は北エリアに限り、50枚以上は買わない方が安定するかもしれません。
 唯一ガミジンのサブサイドだけはグリマルキンでも防げませんが、適度にlv3土地を作って避雷針にしつつ、こちらからもアースシェイカーを撃てば速度で勝てます。
  ミュリンのドラウトやアンチエレメントによる妨害が鬱陶しいので、グリマルキンを拠点にします。必ず踏む場所のある北エリアにグリマルキン・ストリートを作ってしまいましょう。よほど運が悪くなければ1〜2回は踏んでくれるので、高額領地を売らせてしまえば勝ち確定です。

 検討を祈ります。
カルドセプト メモリアルワークス

ホビージャパン
売り上げランキング: 389,779

0 件のコメント:

コメントを投稿